ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

歴史小説 日蓮① 小説からでも歴史の勉強になりますな

さて、最近は 佐藤賢一さんの「日蓮」という小説を読んでおります。 いろいろあって宗教的なものに結構興味がある最近、梅田のMARUZEN&ジュンク堂でジャケ買いしました。 日蓮といえば、鎌倉時代に日蓮宗を開いたお坊さんです。 高校で倫理もやっていないの…

今週のお題「爆発」~酒飲んだ時って食欲爆発しません?

今週のお題「爆発」 ということで、ちょっとひねり出してみました。 私はお酒が好きで、ビールやワインや日本酒をよく飲むのですが、いったん飲み始めると、止まらなくなりませんか? 私だけなんでしょうか? 控えめに飲むって言うのが非常に難しいんですよ…

MASTERキートン Reマスター  実家帰って親孝行でもしようかしら

MASTERキートン 最終巻が前回終わりまして、Reマスターという、続編が1巻だけ出されているので、その紹介をして、MASTERキートンを締めくくりたいと思います。 今回は、QUES7 マルタ島の女神について、紹介していきましょうかね。 ~あらすじ~ まず、事前…

MASTERキートン18巻 最終巻は、ハッピーエンド

さて、ついに最終巻まで、やってまいりました。 *続編のReマスターもあるので、そちらは明日また紹介します笑。 最終巻は、1巻丸々使ってのルーマニアでの話です。 ~あらすじ~ 仕事でルーマニアにやってきたキートンさん。ひょんなことから殺人事件に巻き…

MASTERキートン16巻 学者になる日  やっぱやりたいことやらなあかんねえ

というわけで、MASTERキートン17巻 CHAPTER⑤ より 「学者になる日」 を紹介します。 キートンさんがついに大学で働けるかも!という話と、キートンさんの大学時代の恩師であるユーリースコット教授にまつわるお話です。 ~あらすじ~ 論文が大学に認められて…

MASTERキートン⑯失われた天才監督 芸術家みたいに細部にこだわれる力をつけたい

MASTERキートン16巻より、CHAPTER8 失われた天才監督について書いていきたいと思います。 「戦場のメリーゴーランド」という映画を作る天才監督がそのプロデューサーに殺されてしまう話です。 殺されているところは割とどうでもいいので話を省きます笑。 こ…

MASTERキートン⑭ 負けた数が多いほど喜びも大きいもんだ

MASTERキートンの14巻 CHAPTER4 塔の男 を読んで少し泣きそうになりました。 この話では、キートンの大学時代の友人である、御木さんが登場します。 御木さんは、御木建設という会社を起業し、10年で都心に大きなビルを建てるまでに成長させた若手社長です(…

MASTERキートン⑬ かっこいい大人とは

MASTERキートン13巻より「臆病者の島」をご紹介したいと思います。 ~あらすじ~ ある島にあるホテルにキートンさんと、若い兵隊がいました。談笑しているところに銃声が聞こえていくと、刑事さんが撃たれていました。病院で治療していると、刑事が追ってい…

MASTERキートン10巻 男らしさとは信頼ってことなのでしょうか

さて、MASTERキートン10巻からは、CHAPTER6 ウィスキーキャットの村をご紹介したいと思います。 とある小さなスコッチウィスキー工場が、近代化のあおりを受けてつぶれてしまいました。「グランソラス」という銘柄を作っていました。 ウィスキーの原料とい…

MASTERキートン9巻② シャトーラジョンシュ1944

さて、MASTERキートン9巻、2つ目のエピソードを紹介していきたいと思います。 結構、人気のあるエピソード、CHAPTER9「シャトーラジョンシュ1944」です。 ワインの醸造所であるシャトーの話ですね。 このワイナリーは、赤字続きで、経営の改善が求められてい…