ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

歴史小説 日蓮 佐藤賢一

歴史小説 日蓮④ 佐渡流罪~身延山

さて、今日で終わりです。 前回、鎌倉のおっきい寺の住職にめっちゃ嫌われたので、日蓮に 「殺すぞ!」「寺焼くぞ!」 といって脅されたという罪で、しょっ引かれます。 次は、佐渡島です。 さて、佐渡に行く前に事件が起こります。 連行人が、日蓮のことが…

歴史小説 日蓮③ 予言者?日蓮になった瞬間

さて、前回、鎌倉幕府に、 「念仏を辞めて真の仏国土を作る旗振りをしなさい」 といって、浄土宗に嫌われて、幕府に近しい僧に嫌われて、襲われて千葉へ逃げたり、伊豆に流されたり、また千葉に戻ったら昔から嫌われていた人に殺されかけたり、と、結構散々…

歴史小説 日蓮② 日蓮の書いた立正安国論

さて、前回同様、佐藤賢一著、「日蓮」について書いていきたいと思います。 前回の続きで、日蓮が立正安国論を書くところから始めます。 地震などの天災が続いた鎌倉で、日蓮は自らの無力を感じます。 この当時は、仏法を守ることで天下泰平が訪れるという思…

歴史小説 日蓮① 小説からでも歴史の勉強になりますな

さて、最近は 佐藤賢一さんの「日蓮」という小説を読んでおります。 いろいろあって宗教的なものに結構興味がある最近、梅田のMARUZEN&ジュンク堂でジャケ買いしました。 日蓮といえば、鎌倉時代に日蓮宗を開いたお坊さんです。 高校で倫理もやっていないの…