偏見にまみれた本と漫画とFXのブログ

本の紹介をします(主にビジネス書)、まんがの紹介をします(マイナーかおじさん向けまんが)、FX(スキャルピング)の戦果報告、たまに映画の紹介や東大の講義について考えたりします。

負けから始まる1週間

FX日和です。

平日です。今日も頑張ります。

 

いきなりー2000円をはじき出しています。

泣きそうです。なんでこんなにセンスがないのでしょうか。誰を恨めばいいのでしょうか。というわけで、逆張り買いをしているのですが、手法を本にのっとっておらず、自己流でやっている部分があったので、それをやめることにしました。

 

もう、自分はセンスがないことを理解したので、気は楽です

私が何をしなければいけないかというと、ひたすら法則を守ることです

自己流なんてやってはいけません。そんなことをしたら損が増えるだけです。

 

そして、やはり損切りをきちんとすることですね。これに尽きると思います。

これができない僕みたいな人間が、負けを得ていくのです、くそ難しいですが、やるしかありません。そうでもしないと、永遠に負け続けてしまいます。

 

まるで今日のように。

 

とりあえず、ルールを前のルールに戻しました。そうすると、売買チャンスが減ります。

そこで、先週も話をしたように。使用する通貨を増やすことにしました。今は日本円とドルのみで売買をしておりましたが、チャンスを増やすため、ユーロとドルも取り扱うことにします。

 

今は負けているのでいったんドル円のみに注力していますが…

 

そうしたほうが、より勝つ確率が上がると判断しました。

じゃないと、私は負けてばかりのつまらない人生を送ることになりそうです。

 

さて、今日の反省をしたいと思います。

ズバリ、なぜー2000円になるまで持ち続けてしまったか、です。

つい持ち続けてしまうのです。売って損を出した後に、通貨が急上昇して儲かることが怖いから。損を出すのが怖いからです。

 

この気持ちを抑える方法はないものでしょうか。

たぶん、機会になるしかありません。私は機会になるために生まれてきたと思うしかありません。あとは

今の負けを投資と考えられるかどうかが重要かと思います。いつか返してやるんだと、その思いでやっていくしかありません。1000円くらいの負けで、ビビっているのはいけないのです。実際にくそビビっていますが…

 

もう1つの大事なことは、利益確定と損切りの定義を今一度はっきりさせる必要があります。

今は特に損切りでビビり、少量の利益でもさっさと確定させてしまいがちです。

 

そうすることで、損は大きくなり得が小さくなります。

期待値で考えるならば、圧倒的にマイナスです、90%より高い勝率でも出さないことには、稼ぐことができないでしょう。

 

6割程度しか勝てない人間は、まず、損した時と得した時の差額を均質化する必要があるでしょう。

 

そうすることで、期待値を確率に近づけることができ、得られる利益が大きくなっていくでしょう。

 

要するに、損大利小になりがちなFXスキャルピングにとって、損切りと利益確定の額、というのが非常に重要になってくるのです。

 

3か月やって、頭では理解しているのに実行できない弱さこそが、私の弱点なのでしょう。どうしたらいいかな、10万円を捨てる気持ちでやるしかないでしょう。

 

負けて負けて負けて負けて負け続けた先に見える景色を、何とかしてつかむのだ。

 

おわり