ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

MASTERキートン7巻 人生の達人(マスターオブライフ)

MASTERキートン7巻からは、CHAPTER3 瑪瑙色の時間をご紹介しましょう。

 

キートンが子供のころの話です。

キートンは子供のころイギリスのコーンウォールという地方に住んでいました。

そこでは、キートンのような金持ちの別荘があったり、現地住民がいました。当然、その金持ちと現地の住民の仲は良いことはなく、子供にまでその敵対心のようなものがありました。

 

ある日、コーンウォールを走るバスの運転手、クリスさんとキートンは仲良くなります。

キートンは、海を見たくてバスを乗り、その景色に感動します。バスの乗客はおらず

2人だけだったため、仲良くなります。クリスさんは、楽しそうに海を眺めたり、ウサギが事故に巻き込まれないようにする姿を見て、こんな声を掛けます

「坊や、君はマスターオブライフ(人生の達人)になれるぞ、それは俺の人生のテーマなんだ」

 

と。

そして、またバスで再開をします。今度は、キートンが地元の子供にいじめられて落ち込んでいるときでした。そんなキートンを見てクリスさんは慰めるため、海がきれいに見える場所を案内し、元気づけます。

 

次は、別の場所で再開します。今度は、クリスさんが喧嘩した後に、キートンが栗栖さんを慰めます。

クリスさんは、自分が離婚もしていて、バスの仕事をやっているうちはちゃんとできているけれど、それが終わると自分が空っぽになってしまって、何もできなくて、昔は頭がいいと言われていたのに大した仕事にもつけなくて、みじめさを感じていました。

 

気持ちはわかります。

 

キートンは、そんなクリスさんを元気づけようとしますが、キートンは金持ちのボンボンということもあり、逆ギレされてしまいます。

 

最後に会って、仲直りをするのですが、その時にマスターオブライフの生き方がわかります。

「人生の達人はどんな時も自分らしく生き、自分色の人生を持つ」

のだそう。

 

だから、クリスさんも人生の達人になるために、自分を憐れむのではなく、自分らしく生きていこうという決意表明をキートンにして、誤るとともに元気づけます。

 

今日の話題は、人生の達人です。

なりたいもんです、いつどんな時も自分らしく生きる、いいと思います。

まず、自分らしさがよくわからないのが正直なところですが、自分が思ったように、自分の決断を信じてい生きていくことなのではないでしょうか。それが自分らしくということでしょう。

自分にうそをつかず、自分の気持ちに正直に、前向きに生きていけば、人生を楽しめる達人になれる、そういわれている気がします。

 

キートンさんも、まだ人生の達人どころか自分の人生もわからない、と言っていますが、みんなそうだと思います。だから達人になるために日々勉強したり、仕事したりしているのでしょう。

 

私も、こうやってブログ書きながら、本を読み漁っています。意外と頑張っています笑。

 

人生の達人になるために…

 

おわり

あでぃおす

 

f:id:fiji0522:20210807142118j:plain