ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

MASTERキートン10巻 男らしさとは信頼ってことなのでしょうか

さて、MASTERキートン10巻からは、CHAPTER6 ウィスキーキャットの村をご紹介したいと思います。

 

とある小さなスコッチウィスキー工場が、近代化のあおりを受けてつぶれてしまいました。「グランソラス」という銘柄を作っていました。

 

ウィスキーの原料といえば、大麦です。大麦の天敵といえば、ネズミです。ネズミの天敵といえば、猫です。

ということで、昔ながらのウィスキー工場では、猫を飼ってネズミ対策としていたらしいです。そいつらのことを、ウィスキーキャットといいます。

今回は、このウィスキーキャットの目線から書かれたお話です。

 

猫目線?から見た、いい男とは何か、を考えるお話です。

 

登場人物は、スコッチウィスキーの元製造責任者のおじいさんと、その孫、そしてキートンの父親の泰平さんです。

 

この村の近所で殺人事件が発生し、その孫の友だちが、殺人犯の容疑者として地元の新聞に載ったところで、物語が始まります。

 

その友達は若干不良じみたところがあるので、こんなやつとは付き合うな!とお母さんに言われてしまいますが、

少年は反抗して

「あいつがそんなことをするはずがない!!」

といって母親に反抗します。

 

そして、警察に事情を聴かれたときに、友達をかくまおうとします。隠れ家についてうそを言ったのです。

 

ですが、太平さんとおじいちゃんにばれてしまいます。

そして、友達が連行されてしまい、一瞬孫が裏切ったと思ってしまいます。

しかし、孫は警察官にタックルして友達を逃がそうと必死に頑張ります。

その姿を見て、友達は信じなくてごめんよと謝ります。

それを見ていた野次馬たちは、この2人がお互いに信頼しあっていたんだな、ということを知ります。

 

まるで、ウィスキーづくりをしている仲間のように、誇り高く、お互いを深く信頼しあっている、立派な大人の男のように。

 

最終的には、友達が犯人ではないことがわかり、一件落着、となります。

 

んで、うまいウィスキーをみんなで飲んでめでたしめでたし、というお話でした。

 

この孫は、母親に言われて勉強せい勉強せいと言われているのですが、じいちゃんはそんなことは望んでおらず、

「人を信頼し、人に信頼される男になってほしい」

といいます。

 

まあ、僕は割と頭でっかちタイプなのであこがれるのですが、人として一番かっこいいのが、こういう人間なのかなあ、と思うわけです。

 

人に信頼されている人って、見ていてかっこいいと思いませんか、

スポーツなんかでも、こいつは絶対点を決めてくれる!と思える人ってたまにいるので、そういう男になりたいな、なんて思ってしまいますよね。

 

人として、勉強できるとかじゃなくて、出世したとかじゃなくて、ただ人に信頼される、うそのつかない、人として立派な人間になりたいなあ、と思います。

 

そうやって生きていれば、どんな仕事や、どんな人生を送っていようとも、幸せになれる気がしてしまいます。

 

そういう男になって、幸せな人生を送りたいものです。

 

おわり

あでぃおす。

f:id:fiji0522:20210817215512j:plain