ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

歴史小説 日蓮① 小説からでも歴史の勉強になりますな

さて、最近は 佐藤賢一さんの「日蓮」という小説を読んでおります。

 

いろいろあって宗教的なものに結構興味がある最近、梅田のMARUZENジュンク堂ジャケ買いしました。

 

日蓮といえば、鎌倉時代日蓮宗を開いたお坊さんです。

高校で倫理もやっていないので、中学校の知識というか、僕の日蓮に関する知識は「まんが 日本の歴史」に基づいたものしかありません。

 

僕にとっては、浄土真宗が流行ってた時に、

浄土真宗では日本は救われない!念仏なんかすんじゃねえ」

法華経こそが最高の経典、これを信じなさい」

「南無妙法蓮華経を唱えなさい」

「じゃないと外国からの敵がくるぞおお」

と言っていた。という知識です。

 

結構がっつりと浄土真宗を批判していて、いろいろ敵を作っていた人、という印象があります。

また、元寇襲来を予言したのは有名な話だと思っています。少なくとも僕の中では笑

 

さて、この小説では、そんな日蓮の半生を描いています。

 

第1部では、天才児だったという描写から始まり、いきなり

「念仏なんてやっても意味無いで、南無妙法蓮華経、という唱題を唱えんかい」

と言います。

 

日蓮は天才児なので、安房の国(千葉?)から比叡山まで修行に出されます。

天才なので、いろいろなお経を読み漁りますが、

「釈迦如来が言ったことがまとめられている法華経こそ最高だ」

「それを重んじない宗教なんてあかんぞ、浄土真宗なんて特に…」

という発想になり、修業を終えた後、そんなことを言いふらします。

 

当時は浄土真宗真っ盛りの時代ですから、すげえ批判を食らいます。

また、いわゆる末法思想と言って、現世はつらいことばっかだから、阿弥陀様に助けてもらって浄土で幸せに暮らそう、という思想がありました。

天災や飢饉が後を絶たなかったのです。。。

 

そんな時に、変なことを言うもんですから、日蓮は批判を受けまくって、最終的には寺を追い出されます。

世間の言うことにはちゃんと逆らって、私のほうが正しい、というわけですから、大した根性の持ち主だなあ、と思いました。

 

あきらめずに鎌倉で布教活動を頑張っていましたが、そうこうするうちに鎌倉で大地震が起きます。

南無妙法蓮華経を唱えれば救われる、と言っていた矢先に、こんなことがありました。

 

ですから、自分の力不足を感じて、さらに修業をします。

ジャンプのマンガの中盤の、強敵が現れたから再度修行する感じです笑。

 

そこで、有名?な「立正安国論」を書きあげます。

いわゆる予言の書です。

 

これにはどんな内容が書いてあるのか、また次回書いていきたいと思います。

 

日蓮って言うのは、地動説唱えたコペルニクスみたいな人だと思いました。

世間が浄土真宗南無阿弥陀仏と言っているのに、はっきりと

「それは間違えている、私が正しい」

というのですから、正誤はどうあれ、社会が信じ切っているものに対して、そうやって面と向かって反抗していくというのは、普通の根性ではなかなか難しいと思います。

 

それを成し遂げるには、

①自分が正しいという圧倒的な確信

②自分にはできるという自信

 

が必要なのではないか、というようなことを日蓮から学ぶことができました。

 

ではまた次回

あでぃおす

 

日蓮 [ 佐藤 賢一 ]

価格:1,980円
(2021/9/4 23:03時点)
感想(1件)