ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

歴史小説 日蓮② 日蓮の書いた立正安国論

さて、前回同様、佐藤賢一著、「日蓮」について書いていきたいと思います。

 

前回の続きで、日蓮立正安国論を書くところから始めます。

 

地震などの天災が続いた鎌倉で、日蓮は自らの無力を感じます。

この当時は、仏法を守ることで天下泰平が訪れるという思想ですから、僧が落胆するのも当たり前です。

 

日蓮は過去の修行中にめちゃめちゃお経を読みますが、見落としがあったのでは?と考えます。

仏がすべて、と考えられている時代ですから、仏=釈迦如来が言ったことはすべて正しい。その仏が言ったことが書かれているお経はすべて正しい、という考えです。

 

よって、お経をきちんと読めていない自分が悪くて、もう一回読めば地震や災害を防ぐ手立てがあるのでは?と考えて、再び修業期間に入ります。

 

その結果、

浄土真宗などは、阿弥陀仏を信じて、釈迦如来を信じていない」

「そういう釈迦如来を信じていない法で日本が治められているから、神様や仏さまが日本から逃げてしまった。」

「そして、その隙間に悪魔がやってきて、日本で地震などの災害が起きている」

「だから、釈迦如来が言ったことが書いてある法華経をみんなが信じれば、釈迦如来を信じることになる。そしたら神様や仏が日本に戻ってきて、平和な世の中になる」

「そうじゃなければ、お経に書いてある7つの災害のうち、まだ起きていない外国からの侵略と内乱が日本で起こるだろう」

 

このようなことが書いてあります。

まあ、読んでみて、筋は通っているなと思いました。当時の時代背景を考えれば、非常に論理的な構成で説明がなされています。

 

これを書きあげて、鎌倉幕府に奏上して、法華経を信じて日本を治めるように伝えなければ、ということが、この後の日蓮のやるべきことになっていきます。

 

実際、幕府に手紙を出したりして、少しずつ仲間を集めて、それが実現できるようにもろもろ頑張っていきます。

特に、鎌倉での信者がすごく増えていきます。

日蓮にカリスマ性があったし、天災続きで従来の宗教に対する不信感もあったのでしょう。

 

そうやって力をつけることで、幕府も無視できぬ存在へと成長していきます。

 

そうなるとどうなるでしょうか。

まあ、よくある話で、襲われます。浄土宗を信じる人たちに…

 

まあ、時の権力を握っている人からしたら、迷惑この上ない人が日蓮ですから、仕方ないでしょう。

 

そして、この後はいろいろ大変です。

襲われたので故郷の安房に逃げたり、戻ってきたと思ったら伊豆に流刑にされたりと、、、

 

いろいろありますが、実は日蓮、結構なラッキーボーイだったと思います。

その話は、次回していきましょうかね。

 

ではまた。

おわり

 

日蓮 [ 佐藤 賢一 ]

価格:1,980円
(2021/9/5 13:53時点)
感想(1件)