ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

COTEN RADIO (コテンラジオ)2 チンギスカンのお話

この前、コテンラジオの、チンギスカンの話を聞きました。

 

面白かったです。

なんか、遊牧民族で、モンゴル帝国をめっちゃでかくした人、という印象で、前後のつながりとか全然知りません。

 

そうなんです。私の世界史の知識は、高校で再試を受けたほどの知識なのです。

 

世界史で覚えたことは、コンスタンティノープル、という都市があった、ということくらいしか覚えておりません。

 

そんな私に世界史の知識や日本史の知識を授けてくれるのが、このコテンラジオ、というPodcastです。

 

無茶苦茶調査しているんだろうなあ、という情報量に加えて、めっちゃフランクに喋ってくれるので、すごく聞きやすいですね。

ちょっと起業家目線が多いので、庶民的には、「??」となることもありますが…。

 

たまに普通に下ネタが入るので、学生にはあまりお勧めできないかもしれません…

 

さて、チンギスカンの話に戻りますが、チンギスカンが、モンゴル帝国を作った理由がちょっと面白かったです。

 

別に、世界の大帝国を作るんだ!という意気込みで作ったわけではなさそうだ、ということでした。初めて知りました。

 

むしろ、「鉄」という資源を求めてひたすら走り回った結果、めっちゃ国がでかくなっちゃった、というような趣です。

 

そして、なぜそんなことができたのか、いくら鉄が欲しいからって、そんな簡単にユーラシア大陸のほとんどを征服するなんて無理だろう、と思います。

 

それに対して、すっげえ、明快な答えが返ってきました。

 

「めっちゃ強いから」

 

だそうです。簡単でいいですね。

 

強さの源泉は、遊牧民族であるということ。

つまり、普段から馬に乗り回しているということです。

 

これが死ぬほど強いらしいです。

 

まあ、F1レーサーとペーパードライバーでどちらが運転うまいか競う、みたいな感じでしょうか。

 

普段から車に乗っていればその分運転がうまいですから、素人ドライバーには勝ち目はありません。

 

これくらいの差があったんだと思います。

 

まあ、他にもいろいろエピソードがあったのですが、この話が一番面白かったですね。

だって、そりゃ強いよね、って感じしましたもん。

 

基本普通の兵隊は、金のない農民ですから、馬なんか乗りこなせないわけです。

しかし、遊牧民族は全員が馬に乗れる、全員がF1レーサーな訳です。

 

そりゃ勝てねえわ、って気がしますよね。

 

そりゃそうだな、とは思いますが、それを、やっぱりテンション高く喋ってもらえると、本当にそうなんだ、という気がしてきます。

低いテンションで授業っぽく話されたら、そんなに面白くも感じねえんだろうなあ、と思いました。

 

このラジオは、感情めっちゃ乗っけながら話しているのが、すごく面白いのかなあ、と分析してしまいました。

 

とりあえず、チンギスカンも、めっちゃ面白かったです。

 

終わり

アディオス

 

f:id:fiji0522:20210909214849j:plain