ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

COTEN RADIO 3 今回はカエサルを聞き終わりました。…誰???から始まったカエサル

さて、コテンラジオ、マジで面白いですよ。ぜひぜひ聞いてみてください。

 

今回私は、ユリウス・カエサルという人について聞きました。日本史はそこそこわかるつもりですが、世界史はわからない私、名前しか聞いたことがありません。

 

偉大なるローマ帝国の英雄でした。

 

知りませんでした。

 

「賽は投げられた」

 

の人です。この言葉くらいは私も聞いたことがあります。

なんかもう、後戻りできねえよ、みたいな意味ですよね。

 

このラジオを聞いて知ったのですが、カエサルは属州総督と言って、郊外の主君みたいな役割を担っていた時に、ルビコン川という川を自分の軍隊と一緒にわたります。

 

実は、この軍隊を連れてルビコン川を渡るという行為、法律違反、謀反、ということらしいのです。

 

それをしたときに、

「裏切りをして、もう後戻りできないぞ!」

という意味で、賽は投げられた、という言葉を使ったということでした。

 

本人が言った、というのは嘘らしいです笑。

僕じゃなくて、深井さんが言っていました。

 

まあ、カエサルは置いておいて、ローマ帝国って、結構いろいろ語源となるものを生み出していることに驚いたのと、めっちゃ長く続いていたんだなあ、ということに驚きました。

 

コンスル、という役職があるのですが、それはコンサルタントの語源だったりするそうです。

 

あと、「ブルータス、お前もか」

というセリフがありますね。語源というわけではないですが…

 

公文式で、このセリフを読んだことがあったのです。それで、覚えていますが、全然背景とか分け分かりませんでした。だから、

「なんでこいつこんなこと言っているんだ?」

状態でしたが、なんか、心に引っ掛かっていた言葉だったのです。

 

これは、カエサルが、頑張ってローマを帝政にして、ついにNo.1になって

「これから独裁だあ!」

という時に、大勢に裏切られて、暗殺されます。その時にセリフです。公文式でもやるくらいですから、かなり有名なセリフです笑い。

 

どうでもいい話が長引いてしまいましたが、最後のエンディングのコーナーで、深井さんが

「何が正しいかなんてわからないし、未来永劫続くシステムなんてない」

というようなことを言っていました。

 

なるほどな、と思いました。

 

まあ、あのローマ帝国ですら、最終的には遊牧民に滅ぼされたりするし、歴史の変遷の中で、生き残ってきたものなんてないのです。日本は国としては残ってきている方だと思いますが、歴史の変遷の中で、形はずいぶん変わっていると思います。

 

変わるのが当たり前なんだろうな、と思いました。

個人的には、最近ずっと自民党ばっかでつまらないので、定期的に自民党vs民主党、みたいな、2010年あたりの構図をもう一度やって、日本も変わっていってほしいなと思います。

 

やっぱりね、人は、国は、「やべっ」と思った時に働くのではないでしょうか。

自民党にも歴史を学んで、どんどん変わっていってもらいたいものです。

 

おわり。

あでぃおす。

 

f:id:fiji0522:20210909214849j:plain