ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

すげえ雑な書評:ニーチェ入門 ~生きていることに意味なんてもはやない、いかに生きるかが大事なんだ!~

ということで、

ニーチェ入門」

   著 竹田青嗣 

   出版 ちくま新書

 

 

ニーチェ入門 (ちくま新書) [ 竹田青嗣 ]

価格:902円
(2021/11/17 18:14時点)
感想(7件)

 

について書いていきたいと思います。

 

この本では、ニーチェの思想が非常に簡単にまとめられています。

読みやすかったです。

ニーチェといえば、僕が高校生くらいの時ですかね、やたら流行ったことを覚えています。

 

超訳 ニーチェの言葉」

 

みたいな本が流行ったんじゃなかったかな…

忘れましたが…

 

そんな感じで、名前だけ知っている哲学者、って感じでした。

 

そんなニーチェの思想を簡単にまとめてくれたやつを、私がさらに雑にまとめました笑

  • 生きていることに意味は無い
  • だからこそ、いかに生きるか、ということが重要
  • 「超人」を目指すことを生きる意味にしようぜ!

 

ということで、雑にまとめてみました。

 

1個ずつ説明していきます。

 

まず、

「生きることに意味は無い」

ですね。悲しいですね。

 

なんでこんなことを言ったかというと、

  1. キリスト教が崩壊しつつあった
  2. 現代哲学によって生きる意味を見いだせていない

からです。

昔は、キリスト教の教えに従っていれば、良い死後の世界があるから、そのために頑張って生きよう、という考え方ができました。

*だいぶ語弊があるかもしれませんが…

 

しかし、ダーウィンが出てきたくらいから、

キリスト教だけが正しいわけじゃない」

という状態になり、現代哲学者も、

「神は存在しない」

とか言ったりします。

 

現代哲学者は、代わりの生きる意味を見出そうとしたのですが、特にこれといった成果は出ていません。

 

そんな感じで、

 

「昔からある生きる意味がなくなり、しかも新しい生きる意味も生み出せない」

 

状態になってしまいました。

そんな時代だったからこそ、ニーチェ

 

「生きる意味がない」

 

といったのです。

 

 

続いて2個目の、だからこそ「いかに生きるかが大事だ」と3個目の「超人を目指す」、について書きます。

 

これは、

「人間は、生きる意味がないという悲しい生物だ。それでも生きていこう」

ということです。

 

「生きる意味がないから、死のう」

 

ではなく

「辛いこともあるかもしれんけど、頑張って生きていこう」

ということを提案しています。

 

 

それが、3つ目の超人につながります。

3つ目の「超人」は、すげえ道徳的な人、とでも言ったらいいでしょうか。

今までとは違う、神みたいな人です。

 

こんな人を僕らが生み出せたら、

 

「すげえ」

 

と思いますよね。

 

 

生きる意味がないし、超人にも大した意味は無いかもしれないけれど、

その「すげえ」ものを生み出すために、日々頑張って生きようぜ!

ということを提案します。

 

そんな感じで、絶望から始まったものの、生きることに希望を見出した哲学者、という感じでした。

 

~ここからは私の感想です~

 

ニーチェ、いいこと言うなあ、という感じです。

特に宗教観が薄い日本では、死後の世界といったものはあまり現実味がありません。

 

だから、なんとなく生きる意味ってないだろうな、なんて思う人がちらほらいるかと思います。

僕とか、、、

 

ニーチェの何がいいって、はっきりと

「生きる意味は無い」

というところが、なんか、はっきりしていていいな、と思いました。

下手に濁していないし。

 

んで、そのうえで解決策を見出した、

「いかに生きるかを、考えようぜ」

という解決策です。

 

ちゃんと答えを出すまで実施したということが、非常に好感が持てていいな、と思いました。

 

 

ですが、それが正しいかどうかは、僕はまだ答えは保留しています。

そんなこと言いながら、「生きる意味はあるんじゃねえの」派です。

頑張って今探しています笑。

 

ですが、ニーチェの思想に触れて、

「やっぱり生きる意味って無いよな」

と思えたのは良かったかなあ、という感じです。

 

逆に生きる意味はねえ、とはっきり言ってもらうことで、逆に生きる元気が湧いてくる、不思議な思想でした。

伝わらないかもしれませんが…

 

ぜひ皆様読んでみてください。

 

終わり

 

アディオス。

 

ニーチェ入門 (ちくま新書) [ 竹田青嗣 ]

価格:902円
(2021/11/17 18:14時点)
感想(7件)