google.com, pub-4707234852144413, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

映画評:シン・ウルトラマン

昨日、シン・ウルトラマンの2回目を見てきました。

 

どうでもいいですが、1回目は、IMAXで見たのです。

IMAX、良いですよ!

もともと、映画って1900円とかするじゃないですか(1200円の日を狙って見たんですけど…)

んで、プラス500円くらいでIMAX見られるんです。

 

なんか、迫力すげえなってやっぱり思いました。

さいころは、見る内容一緒なのに、なぜ500円も追加で払うのかと思っておりましたが、よく理由が分かりました。

 

画面がでかいこともそうですが、やはり、

「音響」

がいいからだと思います。シン・ウルトラマンのBGMをIMAXの音響環境で聴けるのは、非常に楽しい体験です。

 

さて、本題に入ります。

 

個人的には、というか、多くの人がそうだと思うのですが、庵野秀明が絡んでいるから見に行った。という人は多いのではないでしょうか。

 

私もその一人でして、なんていうんですかね、人間のダメなところとか、弱いところとか、政治が悪い云々とかそういう表現、多いと思うんですよ。

 

あの感じが好きなんですよね。

 

加えて、シン・ゴジラ」のように、人間が集結して頑張る!、みたいな構図というか、ストーリーが、私にはたまらないのです。

 

僕は、ウルトラマンは見たことが無いのでわからないのですが、その辺の雰囲気も出ていた作品に仕上がっていたと思います。

 

特に、政治家云云かんぬん、みたいなところですね。あの辺の感じ、なんかすげー好きです。

 

ただ、人間が集結して頑張る!という部分が、私としてはちょっと物足りない印象でした。

ちょっとウルトラマンに頼りきりだった感じがありますね。

まあ、物語的にそうなりますが、

 

さて、最後、一番良かったなあ、と思うのは、ストーリーですね。

息もつかせぬ展開でした。

 

ウルトラマン初心者としては、怪獣のことを全然知らないわけです。

だから、こいつはどういう怪獣とか知らないので、次はどうなるんだ!という事件の連続です。

これが良いです。

 

2時間くらいの映画ですが、3時間くらいあんのか、というくらい、なんかいろいろ出てきました。

この辺のストーリー仕立ても、すっげえ面白かったです。

 

というところで、感想を締めたいと思います。

 

おわり、

あでぃおす。

 

エンディングの米津玄師も合っていた


気がします。