ふぃじーの読書日記

日々読んだ本についてゆる~く感想を書いているブログです。

書評:事実はなぜ人の意見を変えられないのか ターリ シャーロット

今日は、

事実はなぜ人の意見を変えられないのか

ターリ シャーロット著

 

 

 

について書いていきたいと思います。

 

すごくざっくりいうと、

  • 理性だけでは人は動かない!
  • 人の感情=脳みその中枢に働きかけると、人はものすごく影響を受ける!

 

ということです。

扁桃体」などの、脳の感情を司る部分に働きかけるように伝えると、人は動きます。

一方で、事実は、「扁桃体」を揺さぶりません。

 

何が扁桃体を揺さぶるのか

 

ストーリー

 

です。シンプルな答えですね。

 

これは、人類が生まれてからずっとそうなのでしょう。

人の感情を動かすには、ストーリーで物事を伝えることが非常に大事なのです。

聖書とかもストーリー仕立てですしね。

 

ということをつらつらと書かれている本でした。

 

この本で一番おもしろ!!と思ったことが、

「論文を非常にわかりやすいストーリー仕立てで書いてある」

ということです。

 

ストーリーで感情を揺さぶることが大事だよ、という主張をしている本ですが、しっかりとその主張には論文をもとにした根拠もありました。

 

その根拠をキチンとストーリーで伝えているあたり、著者の主張をきちんと使っていますね。

 

いずれにせよ、この本を読むと、よりよい説得、人を動かす説得の仕方の根本のところ、

「ストーリー性を持たせた説明の重要性」が分かります。

 

今後の人生でどういう形で人を説得していくか

という部分において、いい考え方をインストールできました。

 

最近、Notionというアプリで読書記録を管理しているのですが、評価は★4つでした!

www.notion.so

ちなみにくそほど便利なアプリっす。

 

 

★5つがマックスですが、それはなかなか与えられませせんからね。

 

おわり

あでぃおす