ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

書評:身体はトラウマを記憶する ~トラウマからの回復方法~原始的だが強力です

ということで、書いていこうと思います。

 

ベッセル・ヴァン・デア・コーク著

「身体はトラウマを記憶する」についての3回目です。

 

  1. トラウマの記憶される方法
  2. フラッシュバックする原因
  3. その対処法

 

[対処法]

今回は、トラウマに対して、どのような対処方法があるのかについて書いていきます。特に、強力で、日常生活でも使えるようなものを紹介していきます。

 

なぜ、日常生活で使えるようなものを紹介したいかというと、人生では、トラウマというほどではないけれど、つらいことは人生においてあると思います。

 

そんなときに使えるようなものであれば、読んでいただいている皆さんの心が少しでも軽くなるのでは?と思っています。

そんなことを思いながら、頑張って書いていきたいと思います。

 

 

前回までで、トラウマは本能に近い部分に記憶され、感情のようなものまできっちり保存されている割に、情報が整理されていない、という話をしました。

 

それに対処するうえで、以下の3つ脳の部位をつなげて整理することが重要だ、という話をします。

 

  1. 自分を認識する場所(内側前頭前皮質
  2. 行動を計画する場所(背外側前頭前皮質
  3. 不安や恐怖などの感情を感じる場所(扁桃体

の3つです。

 

「この扁桃体というのが過剰に反応して、恐怖とか不安とかの気持ちが大きくなるので、その部位を1、2の部位を使って落ち着かせてやろう」

 

という戦法です。

 

[改善の方法]

以下の方法に関しては、トラウマの治療にも使われることもある方法で、日常で自分でできるな、と思ったことを抜粋しました。

 

  • 自分の体を把握する(マインドフルネス、ヨガ、自分への手紙)
  • 他人とつながる(人との対話、ダンス、演劇、ハグ)

 

大きくこの2枠が、改善方法として、実際に効果を上げているものです。

科学的な根拠は薄かったりしますが、トラウマの最前線で戦う筆者がお勧めする方法ですから、大丈夫でしょう。

 

*自分の体を把握する

自分の体が何を感じているかを理解するのに、マインドフルネスやヨガは重要です。今の体の感じ、

「暑い、寒い、集中できていない、足の裏の感覚が変…」

などを感じることが第一歩です。

 

トラウマを抱えた人は、その辺の感覚が、トラウマという究極の体験を経たことで、失われていることがあるので、取り戻さなければなりません。

 

自分への手紙は、どちらかというと自分の心の動きを感じるものです。自分の心の動きと正面から向き合うことで、トラウマを感じたときにどう考えているのかを、整理することができます。

 

余談ですが、

僕も、ノートにひたすら自分の気持ちを書きつけたりしますが、意外と面白いです。

 

「自分ってこんなにいろいろ物事について考えているんだ」

「どうでもいいことで悩んでんなあ」

 

とかを客観視できます。始めるのは面倒ですし、効果があるように全く思わなかったので、始めるのになかなかハードルがありましたが、始めたら案外面白いので、続けています。

 

 

また、人とのつながりを感じるのは、特に愛情を感じるのは、意味不明なくらい重要です。これがなかったり、感じられなかったりすると、結構大変です。

 

愛って大事なんです笑

 

人間は、生存するための本能として、他者と協力するようにできています。

そして、そうやって協力したときに気持ちよくなるように設計されています。

 

その表現の究極体が「愛」です。

 

人とのつながりを感じるのに

・人との対話、演劇、ハグ、ダンス

 

は有効です。

 

対話は言わずもがなですが、演劇は、自分でない誰かを演じながら、他人と協力して舞台を作り上げていくという意味で、人とつながりを感じられます。

 

また、ハグも言わずもがなですね。接触によって他社とのつながりを物理的に感じることができます。

 

意外だったのですが、ダンスって意外といいんですって。

音を共有して同じ動きをすることで、他者とのつながりを感じることができるそうです。

古来から、太鼓をたたいて盆踊りをするのは、理にかなっていた、というわけです。

 

 

以上で書いたことを組み合わせながら治療をすると、トラウマに対して非常に高い効果が見込めます。

 

改めて思いますが、人間が太古からやってきたダンスや人との対話、といったことが解決方法になるのって、なんだかおもしろいなと思いました。

 

だって、現代科学の最先端の治療法を、我々は太古の昔から自然とやっていた、ということなのですから、、、

 

逆に言えば、それだけ、現代は幸せに生きるのに重要であったものが欠けているのかな、と思います。だから、現代人は心の病気になっている人が多くなっているのではないでしょうか。

 

ですが、それ以上の恩恵を受けている、とも考えられます。単純に、死ににくくなっていますから…

 

ですので、昔からの続いている風習なんかに、皆さんの人生の苦しみを改善してくれるような素晴らしいアイデアがあるかもしれないので、ぜひ、あまりスマホゲームなんかに囚われず、オセロとか、古風なゲームをしてみてください。

 

心の疲れがなくなるかもしれません笑

 

 

では、そんなところで終わりたいと思います。

 

おわり

あでぃおす

 

身体はトラウマを記録するーー脳・心・体のつながりと回復のための手法 [ ベッセル・ヴァン・デア・コーク ]

価格:4,180円
(2021/10/16 15:04時点)
感想(0件)