ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

今週のお題「肉」 ~なんやかんや鶏肉なんよね~

今週のお題「肉」、ということで、私は鶏肉が大好きですアピールをして、鶏肉さんがもっとありがたいと思ってくれるように頑張りたいと思います。 牛さん、豚さんもうまいです。マジで、、、 ただし、鶏さん、こいつにかなう奴なんているのでしょうか。 安い…

偉大なる経営イノベーター 小林一三④ ~いろいろ作るよ、次は東宝だよ~

というわけで、本日は小林一三が東宝を作って映画を広めたことについて話していきたいと思います。 映画ですね。なんででしょう。なんで取り組んだんでしょう。 チョイとお金が余ったからです笑 もともと、宝塚歌劇団を作っていたので、劇場を増やそうぜ、と…

偉大なる経営イノベーター 小林一三③ ~阪急百貨店を作って、ターミナルでショッピングを可能にした~誰かがやったんだろうけど、さすがやわ

さて、小林一三、読んでいくといろいろ面白い人ですね。 今日は、阪急百貨店をターミナル駅に作るという発想をした話をします。 おかげさまで便利になりました。ありがとう小林一三。食器くらいしか買ったことないけど笑。 というわけで、百貨店を作ります。…

偉大なる経営イノベーター 小林一三② ~経営者は大変みたいですわ

さて、小林一三シリーズの第3回です。 今日からはガチで阪急を作っていくところからですかね。 最初は、金がないから会社の立ち上げも大変だったようですね。なんやかんや頑張ります。 事業計画には自信があったので、金がなくても成功できる!という自信は…

日本が生んだ偉大なる経営イノベーター 小林一三① ~遊び人から偉大な経営者へ~

ということで、小林一三に関する 「偉大なる経営イノベーター 小林一三」 という本を読んだので、前回、全体のまとめを書きましたが、より詳しい内容や、それについて思ったことを書いていきたいと思います。 基本的には、 「そんなに儲けなくてもよろしいや…

日本が生んだ偉大なる経営イノベーター 小林一三 庶民の生活をグレードアップさせることを使命にした素晴らしい人

さて、最近マンガじゃなくて本のほうをよく読んでいる気がします。 本日は、小林一三って人の本を読みました。 関西の大手私鉄阪急電鉄、そして宝塚歌劇、東宝を作った人です。 たまに大臣やっていたりします。 そんな人です。すごい人です。 なんでこの人を…

最近:COTEN RADIO(コテンラジオ)にはまっている ~サリヴァン先生すげええ~

最近、というか、結構前からコテンラジオっていうPODCASTにハマッています。 めっちゃ面白いっす。 歴史を面白く学ぶというコンセプトで、株式会社コテンの深井さんと楊さんとパーソナリティーの樋口さんでやっている番組です。 歴史上の偉人をひたすら語っ…

歴史小説 日蓮④ 佐渡流罪~身延山

さて、今日で終わりです。 前回、鎌倉のおっきい寺の住職にめっちゃ嫌われたので、日蓮に 「殺すぞ!」「寺焼くぞ!」 といって脅されたという罪で、しょっ引かれます。 次は、佐渡島です。 さて、佐渡に行く前に事件が起こります。 連行人が、日蓮のことが…

歴史小説 日蓮③ 予言者?日蓮になった瞬間

さて、前回、鎌倉幕府に、 「念仏を辞めて真の仏国土を作る旗振りをしなさい」 といって、浄土宗に嫌われて、幕府に近しい僧に嫌われて、襲われて千葉へ逃げたり、伊豆に流されたり、また千葉に戻ったら昔から嫌われていた人に殺されかけたり、と、結構散々…

歴史小説 日蓮② 日蓮の書いた立正安国論

さて、前回同様、佐藤賢一著、「日蓮」について書いていきたいと思います。 前回の続きで、日蓮が立正安国論を書くところから始めます。 地震などの天災が続いた鎌倉で、日蓮は自らの無力を感じます。 この当時は、仏法を守ることで天下泰平が訪れるという思…