ふぃじーの読書日記

日々読んだ本についてゆる~く感想を書いているブログです。

書評:99%は幸せの素人~世の中の良いとされていることが幸せにとって正しいわけではない

ということで、

星 渉著 

99.9%は幸せの素人

 

99.9%は幸せの素人 [ 星 渉 ]

価格:1,540円
(2022/6/15 08:10時点)
感想(1件)

 

という本について書いていきたいと思います。

 

99.9%は幸せになるためには、あまりに素人だそうです。

なかなか言い切りましたね、という感じがした本です。

 

絶対僕とか素人やん、と思いました。

 

ということで、内容に関しては書いていくと、

  • お金
  • 友達付き合い
  • 結婚
  • モノの見方

というような項目について書かれていました。

 

まず、

  • お金
  • 友達付き合い
  • 結婚

 

この3つに関してです。

簡単に言えば

  • お金=いっぱいある方が幸せだ
  • 友達付き合い=全員から好かれるのは無理だ
  • 結婚=幸せ

 

友達付き合いに関しては、小学校の時は全員と仲よくしよう、と言われましたが、大人になるにつれて、上記のような思考になっていくのではないでしょうか。

 

んでですね。

 

この辺は割と世の中の常識、となっているような気がします。

 

お金はあったほうがいい。

結婚はしたら幸せだ。

 

いろんな意見はありますが、おおむね、そのように理解されている気がします。

 

これを否定しているのがこの本でした。

 

 

特に、お金なんかは有名ですが、年収800万円くらいで、幸せ度が高止まりする、みたいな研究があります。

額はともかく、3億とか稼いでも、1千万稼いでも、大体幸せ度は一緒、ということです。

ですから、そこら辺の小金持ちと、ビルゲイツの幸せ度は同じくらいということです。かなり雑なたとえですが…

 

結婚に関しても、結婚した、ということが幸せを決めるのではなく、その後の結婚生活をどのように過ごすか(著者は「努力」という所に注目していますが…)、という所が大事である、とか書いています。

 

 

んで、一番最後の

  • モノの見方

という所ですね。

 

例えば、「ポジティブ思考」というのをこの本ではだめだ、と書いていました。

 

簡単に言うと、

「何もせずにとりあえずポジティブになろう!」

といってもできねえ、ということです。

もうちょい具体的に作戦を練ってやろうぜ、ということです。

 

そりゃそうだ、と思いました。

 

げんなりしているときに、

「元気出せって!」

と言われて元気が出るのなら、そんないいことはありません。

 

好きなものを食べたり、友達と遊んだりしないと、元気は出ません。そういう対策なしにポジティブになんてなれないわけです。

 

 

さて、僕なりにこの本を一言で表すとするならば、

 

「世の中の人が言っている幸せは、幸せにつながらないことが多い。」

「だって99.9%が間違えているのだから」

 

という所でしょうか。

 

そんな感じで、より具体的な内容は説明しませんが、こんなことが書かれていました。

図書館で半年くらい予約を待つくらい、人気作でしたとさ。

 

おわり

あでぃおす