ふぃじーの読書日記

日々読んだ本についてゆる~く感想を書いているブログです。

書評:教養としての中学理科 こんなん勉強したなあ

さて、今回は

教養としての中学理科

三澤信也 著

について書いていきたいと思います。

教養としての中学理科 中学理科がわかると、世界の見え方が変わる!! [ 三澤信也 ]

価格:1,760円
(2022/6/19 18:24時点)
感想(0件)

あのですね、改めて読んでみましたが、中学校時代は、

 

結構勉強していたな

と思うのと同時に、

意外と勉強もしていないな

って感じがしました笑。

 

 

編としては

  • 生物編
  • 化学編
  • 地学編
  • 物理編

 

に分かれているのですが、基本事項は結構覚えていました。

 

中学校の家庭教師くらいなら、この本1冊読んだらできそうだな、と思いました笑。

 

もともと高校受験のためにそこそこ勉強してきた人間だったので、懐かしいなあ、という感じがして、結構スラスラ読めました。

 

簡単ですし。すらすら読めます。

 

特に懐かしいなあ、なんて思ったりしたのが、

地震初期微動主要動ですね。

完全に久しぶりにこんな単語を聞きました。

 

あとは、確かに常識として知っているというか、まあ確かに一般常識として知られているような内容が、普通に勉強事項として書かれている印象でしたね。

 

腎臓の役割とか、肝臓の役割とか、

花粉の運び方とか、光合成とか、、、、

 

結構、そういう常識みたいなところを改めて、全体的に確認するのに、非常にいい本だったな、という印象でした。

 

理科で家庭教師や個別指導を中学生向けにやろう、という人には、一回読んでおくといいと思います。

 

終わり。

アディオス。

 

 

教養としての中学理科 中学理科がわかると、世界の見え方が変わる!! [ 三澤信也 ]

価格:1,760円
(2022/6/19 18:24時点)
感想(0件)