偏見にまみれた本と漫画とFXのブログ

本の紹介をします(主にビジネス書)、まんがの紹介をします(マイナーかおじさん向けまんが)、FX(スキャルピング)の戦果報告、たまに映画の紹介や東大の講義について考えたりします。

愛するということ

 

 

 

エーリッヒフロム著の「愛するということ」を読んだ。

一般的な恋愛指南書とは全然違い、恋愛の技術ではなく、愛するということ自体が技術である、ということを一貫して主張する。それは、異性愛だけでなく、兄弟愛、母性愛など、多岐にわたる愛について考察している。

 

基本的な主張として、愛するということ=愛を与える、ということだという。

愛を与えることによる、目に見えない形の見返りがに幸せを感じること、それが技術であると主張する。

 

それってめっちゃ難しいんだよ、ってずっと語っている

そのためには、自分自身を鍛える必要がある。まず、前提条件として、人を愛するには自分自身を愛する必要があるらしい。つまり、自分自身について何かを与えて、それによって自分自身になにかをもらう、ということだ。

 

書いていて、全く持って何を言っているのかわからない。

それも即物的な何かではあまりよくないらしい

ちょっと高めのアイスをご褒美にあげる。というのは、資本主義にのっとった幸せらしいから、本来的な意味での愛ではないらしい。

 

例えば体に良い食べ物を食べて、それについて自分に感謝する、といったことだと思う。

 

最後のほうに、人を愛するための技術について触れられている部分がある。

愛するための基本条件として、まず、ナルシシズムを克服する必要があるらしい。

自分本位となることをやめて、あらゆる人に対して客観的になれということだ。

 

客観的にものを見れるようになってこそ、人を愛する準備が整ったことになる。

自分自身に対しても客観的になる必要がある。

瞑想みたいなもんで、自分が外界や自分が考えたことに対して、どう感じたかを正直に感じることだ。

 

人に何かを言われたときに、「ああ、今自分イライラしているな」とか、「悲しい気持ちになっているな」とか感じられるようにする必要がある。

 

それができるようになったら、他人が今何を感じているのか、気にかけられるようになるのだと思う。

一番自分が簡単だろうしね。

そのためには、素直になるのが一番大事だと思う。自分を認めてやるって、実は難しいからね。

 

最後に、愛するということは、人に何かを与えることで、見返りとして何も期待しない、与えたという事実に喜びを覚えることが、非常に大事だという。

 

それを好きな人だけでなく、あらゆる他人にできるようになると、人として成長できるらしいよ

 

頑張りましょう。

 

この記事に関しては、2回目読んだらまた書こうと思います。

あんまりきちんと理解できてないや。