ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

書評:身体はトラウマを記憶する ベッセル・ヴァン・デア・コーク ~愛することの影響がでかすぎる~

人が生きていく上では愛は欠かせない

 

この本を読んだらそんなことを思いました。

 

ボストン大学精神科医、ベッセル・ヴァン・デア・コークが30年間治療、研究してきた、トラウマ、PTSDの集大成がまとまった本です。

 

児童期の虐待や、兵士の戦争での記憶といった、強烈かつ、生命の危機を感じさせるような状態がフラッシュバックして、どうして人はトラウマで苦しむのか、ということについて書かれています。

 

合わせて、そのトラウマに対処する治療方法についても、かなり詳しく書かれている本です。

 

読むのは大変でした、600ページもあります。図書館で借りたので、2週間そこらで読まなくちゃいけないプレッシャーも感じながら、頑張って読みました。

 

長えなあ、と思いましたが、長い時間をかけて読んだ分のもとはとったかな、と思える内容でした。

 

この本では、

  • トラウマの記憶される方法
  • フラッシュバックする原因
  • その対処法

に大きく分かれます。

 

記憶方法で科学的に説明してくれているので、フラッシュバックする原因なんかも、

 

「ああ、なるほど、そりゃそうなるね」

 

と分かりやすいと思いました。

 

基本的には、トラウマ記憶は、脳みその心臓を動かしているような、生存に関わる部位に蓄積されます。

通常の記憶は高度な思考をする部位に蓄積され、忘れていくものなのですが、そうではない部位に蓄積されるので、忘れられません。

そして、高度な情報処理ができないので、まばらな記憶として残るので、人に語ろうとしても、支離滅裂になってしまいます。

 

こんな感じで、忘れにくく、整理されていない記憶なのに、非常に色濃く残ります。

 

整理されていないので、フラッシュバックしたときに、何が原因でフラッシュバックしたのかが分かりません。そもそも、トラウマ記憶を忘れていることだって場合によってはあります。

 

人の生存戦略として、忘れたほうが生き残れる、と判断されるほど、危険な状態の記憶、ということです。

 

それに対して、

セラピーやヨガ、眼球運動、ニューロフィードバック、演劇などを通じて、

「トラウマを治していこうぜ」

「薬とかじゃなくて、こういう原始的な方法がより効果的だぜ」

 

という形で、対処法を説明します。

 

この治療を通じて、最も大事なのは、

  • 自分を制御できること
  • 他人を信頼できること

ができれば、トラウマに対処できる、というまとめ方をします。

 

自分の体の感覚を感じて、それをまず受け入れる。

そして、他人は怖い存在じゃないんだ、信頼できる、お互いに愛を感じさせる存在なんだ。

ここがすごく大事なポイントだと思います。愛を感じられるようになることで、人はトラウマを治せるのです。なかなか新しい視点だなと思いました。

 

これらに気づけて初めて、トラウマと向き合うことができます。

トラウマと真摯に向き合い、整理されていなかった記憶を整理することでのみ、トラウマを克服できる、と考えているようです。

 

この本でトラウマの対処法について勉強しました。

ひどいトラウマとはいかなくとも、私たちの生活の中で、苦しい場面は当たり前に存在します。

それに対して悩んだりして、人はいろいろ苦しみます。

 

それに対する対処法のヒントが、この本にはいっぱいありました。

一番は、お互いを信頼して愛すること。

 

これによって、人はすごく幸せに生きていけるな、というのを、科学的に示してくれています。こんな簡単なことで世界がうまくいくのなら、使わない手はないなと思いました。

 

ということで、次回からは、もう少し細かい説明をしていきたいと思います。

 

 

おわり

アディオス

 

身体はトラウマを記録するーー脳・心・体のつながりと回復のための手法 [ ベッセル・ヴァン・デア・コーク ]

価格:4,180円
(2021/10/13 15:42時点)
感想(0件)