ふぃじーの徒然なるままに(本と漫画から幸せをいろいろ考える)

気ままに読書した本や漫画の紹介をしていきます。人間って素晴らしい、と思うような内容を書いていっております。趣味の金儲けをたまに書いたりする自由なブログです。ペンギンちゃん大好きです。

MASTERキートン4巻① いい感じに死にたいもんですねえ

MASTERキートンの4巻の内容を紹介していきたいと思います。

今日は、CHAPTER6 穏やかな死

 

についていろいろ考えていきたいものです。

 

IRAアイルランド共和軍)という武装組織に所属している爆弾名人が登場します。

この人物が作った爆弾が、テロリストによってイギリスの大きな商業施設に置かれた!

 

という状況です。

 

この名人は爆弾が爆発するまでの数日、休暇として田舎の町を放浪しますが、そこである老人と出会います。

 

名もなき老人です。96歳の爺さんです。

 

爆弾名人「爺さん、96歳まで生きて楽しかったかい」

じいさん「楽しかったよ」

爆弾名人「いくつのときが一番楽しかった?」

じいさん「…今だな」

 

爆弾名人「退屈じゃなかったかい?」

じいさん「退屈なんぞしとる暇があるかい。。これからも毎日が楽しい人生ってやつさ」

 

という受け答えをします。

そしてひ孫が表れて、チョコを渡して楽しそうに帰っていきます。

 

次の日にはなんと死んでしまい、爆弾名人はその葬式に立ち会いますが、その時の死に顔がすごく穏やかであると感じます。

 

その瞬間、決意して、爆弾の解体を決意します。

そこでキートンの力を借りて、爆弾を解体して、ハッピーエンド?という物語です。

 

さて、ここで私が思ったのは、

 

「こんな爺さんになってこんな死に方をしたいなあ」

 

です。幸せそうだなあ、と思いました。96歳にもなって毎日が楽しいと思えるのって、すごく素敵だと思います。

 

今どきの若者なんて。すぐに「ひまだ」「だりい」「めんどい」といいがちです。ごめんなさい、若者ではなく私です。

 

んで、それは退屈という感情に分類されるものだと思っています。

そんな感情で、日々に退屈を感じて、あえて楽しい方向に向かおうとしないなんて、いやだなと思います。

僕自身は、

「なんか退屈にしてるほうがモテそうだから」

そうしていましたし、そういい続けると本当に退屈に感じてくるもんです。

 

もったいない時間を過ごしたなあ、と思っています。

 

最近は、幸せについていろいろ考えています。

没頭状態っていうのが1つ幸せな状態として挙げられる。とはよく書かれているので、何にも没頭しようとして努力中です。

 

このじいさんは、毎日、日々の些細な出来事に喜びを感じ、退屈をかんじずに生きているのでしょう。

 

「ああ、晴れた、いい日だ。」とか

「ああ、たばこうまい」

とか、そんなんだと思います。

 

そんな日々に幸せを感じながら、老後を送りたいもんです。

 

今日はそんなとこで。

 

あでぃおす。

 

f:id:fiji0522:20210801154001j:plain